お子様の治療について

歯医者は怖い・・・?

施設写真

小児期の乳歯は、いつかは抜けてしまう歯です。しかし、痛がらないからといって、むし歯の歯を放っておいてはいけません。放っておくと、他の歯や永久歯にむし歯が移ってしまったり、永久歯の変色を起こすことがあります。また、永久歯の生える位置がずれてしまったり、生える力が無くなったりすることがあります。ですから、乳歯といえどもしっかりケアすることが大事です。
また、3歳以下のお子様は理性で恐怖心や、未知の出来事を我慢することができないと言われています。
無理やり押さえつけて治療をした場合、その出来事がトラウマとなって、強烈な恐怖心が残り、その後の治療に拒絶反応を示してしまい何歳になっても、治療に支障をきたしてしまうのです。
成人しても、この拒絶反応が残って「歯科恐怖症」といわれる状態になる事もあるのです。

当医院ではお子様に痛み、ストレスを与えない範囲での治療を心がけています。

上記の理由により、当院では3歳以下のお子様で治療が困難で緊急性がない場合は、治療を行わない場合があります。

え!!治療をしないってどういうこと!!あなたやぶ医者? などど思わないでくださいね!(笑)
これだけ歯医者嫌いに皆様がなってしまったのはどうしてでしょう?痛い事されるからですよね!なので、場合によっては何もしないのも治療のひとつとなります。ただし、全く何もしないということはありません。その子に応じた適切な方法と段階で治療を少しでも受け入れていただけるよう、いろいろさせていただきます。

押さえつけ診療は基本的に行いません。またなるべく麻酔を行わずに治療をさせていただきます。
そのために、工夫をさせていただき、最良な方法で行います。 たとえば、歯科に恐怖心を持たないようむし歯治療ができるようになるまで、歯磨きの練習、治療の練習、フッ素塗布、シーラント、サホライド塗布などを行っていきます。

また、むし歯を削っていって歯の神経まで届きそうな時は、むし歯を完全には取らずに、神経に届く前で削るのをやめて、詰め物をします(ここである処置をしますのでほとんど問題ありません)。が、傷みがでたり、詰め物が取れたりした場合には、また削っていきます。むし歯を削った後は、ほとんど全て歯科用の白いプラスチックを詰めます。銀歯のほうが、削る範囲が大きく、深さを必要とするためと、麻酔の必要な場合が多くなるからです。また、歯型を取るため、治療回数が一回増えてしまいます。しかし、銀歯のほうが耐久性があるので、噛み合わせの力がかかる場所や、成長して噛み合わせの力が大きくなった場合などで、プラスチックが度々取れるような場合は銀歯にすることもあります。

暴れがひどい場合や痛みが強い場合、トレーニング効果が期待できない場合など、小児歯科の提携医療機関(大学病院)をご紹介させて頂く場合もあります。


お父様お母様にお願いしたいこと

機器写真

◆治療に対するマイナスイメージを与えないでください。
(例) ・歯医者さんで注射してもらうよ!     ・怖い先生のところに連れて行くよ!     ・言うこと聞かないといっぱい削ってもらっちゃうよ!
◆号泣したり、駄々をこねても、決して叱ったりしないでください。どんなに些細なことでもかまいませんので、優しく励ましてあげてください。
(例) ・今日は先生に上手にお口の中を見せてあげられたね!     ・今日は歯医者さんまでお利口に行けたね!     ・今日は頑張って歯を治してもらえたね!

約束を守ることが大事です! ですので お子様には具体的な治療方法に関しては話さないでください。

もし、「今日は削らないから」とお母様が駄々をこねるお子様に話し、やっとのことで歯医者に来たとします。 ところが、この子のむし歯はかなりひどい状態。当然削らないと痛みが止まらない!という場合だったとします。 ここで、私が削ったとしますと、この子は大人を信用できない子になってしまいます。治療困難化は もちろんのこと、子育てにも影響が出てしまいます。

治療内容は歯科医師が判断して行います。 ですので、お子様のためにも、具体的な説明や言動は控えるよう、おねがいいたします。

お子様は怖いイメージの言葉に敏感です。言葉だけで痛みが出てしまい、治療が困難になることもあります。 歯医者に出かける日には、決して「注射」「削る」「痛い」という言葉はお話されぬようよろしくお願います。
意外な言葉としては「今日はぜんぜん痛くないから大丈夫よ!」という言葉・・・。 大人は安心感を与えたつもりでも、お子様はそうはとらえず、 「もしかしたら痛いことされるのかも?」と考えてしまうのです。 ですので、 痛い⇔痛くない 削る⇔削らない 注射する⇔注射しない どちらも使わないほうが無難です。

とにかく治療内容の話はしないで、 「虫ばい菌をがんばってやっつけようね!」 「がんばってね!!」 と優しい言葉をかけてあげてください。

大人が治療を困難にしている場合があります。 お子様のがんばる力を信じて応援してください!!

めざすは歯医者を好きな場所に!

施設写真

開業以来たくさんのお子様にいらしていただきました。そしてたくさんのお父様お母様にご協力もしていただきました。
最初は泣きじゃくってた子が、いまや一人で診療台に座って、大きく口を開けている・・・そんな姿を見ると、ホントうれしくなります。この子は上記のような心がけをお母様にご協力をいただいた成果です。お子様が治療がうまくできたとこで自信がつき、目つきがほんとに良くなってくるんです。
人間はなにかを達成したときに大きく成長します。
お子様が、今後も河合歯科で大きく育っていただけると、うれしいです!

お子様のフッ素

施設写真
おそらくフッ素のことに関しては、多くのホームページで紹介されておりますので、私が説明するまでもないと思います(もちろん詳しく聞きたい!という方は、医院にて詳しくご説明いたします!)。 現在のフッ素塗布は、安全でかつ高い効果が立証されている予防法ですので、安心してお受けください。いまだにフッ素塗布は危険だ!などと話される方もいらっしゃるようですが・・・。

さてさて現在健康保険でフッ素は虫歯多発傾向者を対象にしたフッ素応用ということで一部認められてはおりますが、 純粋に虫歯予防を目的として塗布するフッ素は自費扱いです。

健康保険とは病気に対して適応されるものでいわゆる「予防」は適応外です。またむやみに保険を使う事は、その場では負担も軽くいいですが、最終的には支払うのは国ですから、我々の税金負担増として帰ってくるのです。とは言いつつも、なるべく負担を軽くしたいと思われるのもごもっともです。当医院では、予防を推奨しております。ですので、なるべく負担が少ない価格を設定させて頂いております。


施設写真
当医院ではより健康になって頂くため、フッ素塗布のあと、ミネラル成分がたっぷり含まれたMIペーストもお塗りしております。様々な種類の味があり、どれもとってもおいしく、お子様に大人気です!
MIペーストは成人の方でも多くの方が使用されております。当医院にて販売しておりますので、毎日の口腔ケアにぜひご検討ください!

価格リスト

フッ素:1回500円

歯面清掃(茶渋取り):1口腔500円

フッ素+歯面清掃(茶渋取り)セット:1回1口腔800円

永久歯萌出状態確認レントゲン(パノラマ型):1枚3500円

 詳しくはおたずねください。

尚、虫歯治療、シーラント、歯肉炎治療及び歯石除去、歯磨き指導(いずれも虫歯歯肉炎がある場合)は、保険適応となりますので、ご安心ください。